小学生の男子は本当に何も考えずに人のコンプレックスを指摘する!

小学校高学年の頃に腕をまくって手を洗ってるときでした。
同じクラスの男の子が「腕の毛濃いね!」と笑いながら言ってきたのです。
その男の子は本当に濃いかは関係なく、いろんな女の子に言ってふざけてたようですが、初めてそんなことを言われて恥ずかしくて仕方なかったのを覚えています。

それからムダ毛がすごく気になって、でも小学生だったのでムダ毛を剃るのは抵抗がありしばらくはムダ毛を隠すようにして過ごしていました。
中学生頃からは剃ってみたのはいいけど、保湿などもせず適当に剃ってしまっていたし、頻繁に処理を行っていたので肌はボロボロだったり、埋没毛になってしまったりとどんどんコンプレックスが増していてとても後悔しています。
未だに肌は綺麗じゃなく、足などもポツポツと埋没毛が残ってしまっていて薄着になる夏に肌を見せるのが憂鬱で仕方ありません。
毛も濃いので毎日のように処理しないと足とかの毛がチクチクしてきてしまうのです。

今思うと小学生の頃の毛の濃さなんて全然薄い方だったし、初めからちゃんとした毛の処理をしていたらもっと綺麗だったかもしれないですね。
自己判断で毛を剃らず、ネットなどでしらべたりしていたらなぁと感じているので、これからはもっとメディアで正しい処理の方法などを発信してもらえたら同じような思いをする人が少しでも減って行くのではないかと思います。